AI自動翻訳「ヤラクゼン」がクラウドストレージサービス 「Box」と連携し、「ヤラクゼン for Box」の提供開始

八楽株式会社が提供するAI自動翻訳プラットフォーム 「ヤラクゼン」は、株式会社Box Japanが提供するコンテンツクラウド「Box」と連携し、多言語AI翻訳を可能とする新サービス「ヤラクゼン for Box」の提供を開始します。
「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」 https://pages.yarakuzen.com/integrate_box

セキュアAI翻訳ヤラクゼン for BOX

■「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」 開発の背景


Boxは国内で約11,000社のお客様に利用されているコンテンツクラウドであり、社内はもちろん海外などの遠隔地間においても大容量ファイルをセキュアにやり取りすることが可能です。しかしいくらファイルをセキュアな状態で管理していても、翻訳の際に無料翻訳ツールにアップロードしたのでは情報漏洩のリスクに晒されてしまいます。またBoxからファイルを取り出して翻訳ツールにかけたり、得られた翻訳結果を再度Boxにアップロードしたりする度に、手間と時間がかかります。
これらの課題を解消すべく、Box内の指定フォルダと同期し、定期的にAI自動翻訳を実行する「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」の開発へと至りました。

■「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」について


煩雑なファイルアップロード・ダウンロードの工程をなくし、セキュアな環境下で自動的にAI翻訳を実行。生成された翻訳ファイルをそのまま共有できるサービスです。Box内の指定フォルダにアップロードされたファイルは、定期的にAI翻訳が行われ、翻訳ファイルが自動生成されます。

<特徴>
● セキュアな環境で行うAI自動翻訳
全世界で約110,000社に選ばれた、強固なセキュリティを誇る「Box」を活用するため、ファイルをセキュアな環境下においたままAI自動翻訳を行うことが可能です
●ファイルアップロードやシェアの手間を削減
Boxから取り出すことなくそのまま翻訳が実行されるので、アップロードやダウンロードの手間なくそのまま共有が可能です
●カスタマイズできる翻訳エンジン
社内用語や専門用語、よく使うフレーズを自動反映。
さらに翻訳エンジンは4種から最適なものを選択可能(DeepL、Google翻訳、Microsoft、NICT)

■株式会社Box Japan 代表取締役社長 古市 克典氏のコメント


八楽株式会社様のAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」とBoxとの連携を心より歓迎いたします。Boxは、人と組織の働き方の変革をミッションに掲げ、人々が多様な働き方ができるよう支援しています。「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」は、翻訳業務の効率化によって、ビジネスのグローバル展開を支えるソリューションだと期待しています。今後もより自由に、より効率的に働けるためのソリューション提供のため、八楽株式会社様との協業を推進していく所存です。

※ 日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:古市 克典。株式会社Box Japanおよびコンテンツクラウド「Box」に関する詳細はWebサイト(https://www.box.com/ja-jpもしくは、https://www.boxsquare.jp/)をご参照ください。

「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」に関する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
https://pages.yarakuzen.com/integrate_box